「過敏性腸症候群」の原因とその対策について

「過敏性腸症候群」という病名を聞いたことがありますか。
過敏性腸症候群は、腸のレントゲン検査や内視鏡検査において、異常が確認されないにもかかわらず、腹部の膨満感や腹痛による不快感があり、下痢や便秘が長く続く病気のことです。

近年、日本人の発症率が高まっており、消化器科の受診者の3分の1を占める病となっています。
発症年齢は20代〜40代に多く、特に女性患者数が増加の傾向にあります。
排便の状況により、「下痢型」と「便秘型」、そして下痢と便秘を繰り返す「交代型」の3つ症状に分けることができます。
男性は突然腹痛が起こる下痢型が多く、女性には便秘型が多いです。

過敏性腸症候群になる原因は、消化器官の運動異常や知覚過敏、過度な疲労やストレスの蓄積などが考えられます。
対策としては、普段の食生活で食物繊維の豊富な野菜や芋類を積極的に摂取し、腸内環境を整えることが効果的であると考えられています。

下痢や便秘が続くようなら、消化器科を受診し、医師に従って改善していくことが大切です。vio脱毛 口コミ

最近社会問題化したてるゴミ屋敷の問題は身近なものです

最近報道が気になっているゴミ屋敷ですが、わが家のお隣も30年以上ゴミを収集しています。ゴミ屋敷となる経緯については裾野が広く一概には言えないかもしれません。自分の所有する土地建物にゴミではないと称して集めている孤独な独居老人たちには、自治体もお手上げなのです。彼らに何とかしなさいといっても無駄な事で、近隣の住民の被害は酷いものです。何しろ一年中悪臭や害虫発生、ボヤ・放火の危険性、近隣住宅の資産価値の低下などに晒されているのですから自治体も黙っていません。ある自治体はとうとう強制撤去が出来るように法律改正をするようになりました。しかし、この問題は根が深く、高齢化社会になるにつれて増々多くなる事は間違いありません。整理整頓が精神的に出来ない人もかなりあるのでしょう。マンションでもゴミ屋敷は発生しまして住人が行方不明という例を知っています。貸主は困惑してしまい、法的に問題内容に処分をしたそうですが、どちらにしましてもゴミ問題の解決には時間がかかりそうです。