書きたいと思えることは、毎日のように出てくることで。

これだけ書けば、もう言葉なんて一つだって出てこなくなるだろう。そう思うことが、少なくは無い。元々、僕は語彙が豊富な方では無い。たぶん、街を歩いている人を適当に捕まえて、語彙力を測定でもできたら、きっと僕は負けるだろうと思う。だから、一日にいろんな言葉を書いた次の日には、もう言葉の泉なんて言うものは枯れてしまって、書きたい言葉なんてわき上がってくるはずがない、と、そう感じる。
でも、それはいつも裏切られる。次の日になると、もう書きたい言葉が頭の中を巡っているのだ。これも迷惑な話だ。書きたいことがいつまで経っても書き上がらない。満足が、いつまで経っても得られないのだから、困ったモノである。
でも、同時に僕は思うのだ。きっと、僕は書くことをやめられはしないのだろうな、と。きっと僕の人生には、言葉を綴り続けると言うことがついて回ってくることになるのだろうな、ということがはっきりと見えるわけである。
だから、今日もそんなことを言いながらパソコンに指を走らせる。途切れない言葉を吐き出すために。ベルタ酵素 どこに売ってる