世界にみとめられたジャパニーズウィスキーの魅力

NHKの朝ドラ「マッサン」でさらに注目が集まるジャパニーズウィスキー。
最近では海外でも注目を集め、スコッチ・アイリッシュ・アメリカン・カナディアンと肩を並べ世界5大ウィスキーとしての地位を築いています。
ウイスキーの専門家である、ジム・マーリー氏が「山崎シェリーカスク2013」に100点満点中で97.5点をつけるほどに。

スコッチを再現することから始まったジャパニーズウィスキーは、スコッチの流れをくみつつ、日本人の好みに合わせスモーキーさが抑えられ丸みのある繊細な味に仕上げられています。
また食事をしながらウィスキーを楽しめるように、クセが少なく水割りやソーダ割りにしても香りがくずれにくいのが特徴です。

さて、そんなジャパニーズウィスキーのオススメの飲み方について紹介したいと思います。

1、ストレート
純粋にウィスキーを味わう飲み方はストレート。チェイサーで口の中をリセットすることで最初の一口のような味わいを楽しめます。

2、トワイスアップ
常温のミネラルウォーターとウィスキーを1:1で注ぎます。
ジャパニーズウィスキーは加水によって香りがくずれにくいので、豊な香りを楽しむことができます。

いかがでしたでしょうか?ジャパニーズウィスキーで優雅なひとときを楽しみませんか?