モデルをヴィッツからアルトとしてからのレビューなど

10時世以外乗っていたヴィッツが壊れてしまったので、アルトを購入した。ヴィッツは15万キロも走ってくれたので、感謝しかない。夫人といった結婚する前から乗っているので、様々なキャリアがつまった車であった。
そうして、アルトをのぼり始めて約ひと月がたった。車は主に通勤の徒歩として並べる。アパートと店舗はお往復約30キロもある。1ウィークで約150キロ、1ヶ月で約600キロ身近駆けることになるので燃費を重視して選んだのである。通常燃費は、27.0キロという表示されている。思っていた以上の分量なので、上々のクオリティです。そうして、歩きが小気味よいのも良し。ヴィッツを乗っていた時分のようにアクセルを踏むと、アッという間に規制スピードまで加速して仕舞うぐらいたくましく、しなやかにアクセルを踏むようにしている。身体が軽量で、しかもCVTというのが良いのかなと思っている。スピーカーから流れる音響も有難い。備品は何もつけていないので、主にラジオしか受け流すのだが、満足できる音響が流れて来る。こういう車を選んでよかったと思っている。銀座カラー 予約