ビッグイベント規則を知らないのは私だけではありませんでした

ユーロ2016では予選類3程度まで決勝トーナメント進出の可能性があるとは知りませんでした。
同時に開催中のコパ・アメリカは2程度までしか進出できないのでてっきりユーロもそうと思っていたので意外でした。
オープン国々フランスとおんなじ類の小国アルバニアがルーマニアを撃ち破り題となり、類3位での決勝トーナメント進出の見込みを残すと知らせされたので、とうとう気付いたわけです。
実行式事として適当に見てるだけの視聴者等にはよくあるエラーではないかと思うのですが、驚いたのは選手の中にも酷いのがいてこの間行われたコパアメリカのペルー対コロンビアの準々決勝でPK戦の末日コロンビアが勝利した試合では、ペルーの隊長のゲレロは常勤後に繰り延べ戦があると思いゲームしていたみたいでした。
それを聞いて選手も甚だ出任せだと思ったのですが、繰り延べの有る無しで戦いほうが変わってしまうので隊長がそれではやばいでしょう。
ビッグイベント素性も知らずに世界的なビッグイベントに参加している一番プロがいるのも驚嘆でしたが、それもおおらかな南米の国々らしくて許せるかなと思ったりしましたが、
ハンドでゴールしてまでブラジルを撃ち破り神の決勝トーナメント進出を果たしたペルーにとっては些か損したモードでしょう。ミュゼ ログイン